借金を踏み倒して夜逃げしたらどうなる?

借金をして、どうしても返済ができなくなり、夜逃げするしか解決する方法はないと間合える人もいます。借金を踏み倒して夜逃げしたらどんなことになるんでしょうか?

まず、正規の金融機関からお金を借りていた場合、夜逃げすれば解決するかといえば、そんなことはありません。確かに借金には5年という事項がありますが、債権者が法的措置をとれば、時効を中断させることができます。

また、夜逃げして住民票を移せば、金融機関は、新しい住所を知ることができるので、引っ越し先に取り立てに来ます。しかも負債は、遅延損害金などが加えられて膨らんでいます。

 

もし、住民票を移さなければ、仕事をするときや結婚する時など支障があります。健康保険証も使えないので病院で治療を受けるのにも実費になってしまいます。ですから、借金の返済ができなくなったら自己破産の申請をして、新たなスタートを切るほうが、夜逃げして不安な日々を過ごすより、ずっといいと思います。
こうならないためにも計画的にお金の管理はすべきです。最近のカードローンは返済シミュレーションなどできて無利息キャンペーンもしているので上手に借りると便利なものです。
詳細はこちら→学生でも借りれる安心のカードローンが紹介されているサイト