夜逃げ屋について

10年以上前に日本テレビで「夜逃げ屋本舗」というドラマを放送していましたね。家族が借金苦にあって夜逃げ屋によって救われた少年が、大人となってから、自分も夜逃げ屋になって、ひどい借金の取り立てに苦しむ人の夜逃げを助けるという内容のものです。

このドラマのモデルとなったのは、1991年に設立された「ライフボード」という正規の運送会社です。2002年に閉鎖しているので今はないですが、大阪と横浜で開業していたそうです。

引っ越し業務は、陸運局から営業許可をもらった正規運送業者だけしかできませんので、正式な運送許可のない白タクや運送店が行うと違法になります。そうでなければ、夜逃げの人の荷物を運んだとしても問題ないわけです。現在では探偵社が夜逃げの相談をしていることが多いようです。

でも、借金で苦しんでいるなら夜逃げ屋に頼るよりも、まずは、弁護士や消費生活センターなどに相談して、解決策を探るほうがいいのではと思います。違法な夜逃げ屋もありますので注意してくださいね。